HOME 成婚者の声 入会・料金の案内 よくある質問 お問合せ ブログ ご入会はこちら

情けは人のためならず

0
    "情けは人のためならず" といいます

    情けは人の為ならずとは、人に情けをかけるのは、その人のためになるばかりでなく、やがてはめぐりめぐって自分に返ってくる。人には親切にせよという教え。

    多忙というのは理由にならないのですが、
    ここのところ会員さんに助けていただくことがありました汗

    当方の会員さんは本当にお優しい方ばかり涙

    感謝ですし感謝日々勉強させていただいておりますm(__)m

    宮崎県民の特徴でもあるように穏やかでお優しい方が多い

    といってもタイプはそれぞれ

    会員さんが100人いれば100人の個性があり(*会員数が100名というわけではないです^^;)

    似たようなタイプがいらしても全く同じということはない

    性格もそれぞれで・・・そして変化していく方も

    ご入会時は引っ込み思案だったのに積極的なられたりと良い意味での変化があったり・・・と

    日々色んな事が起き、簡単ではないものの楽しくお世話の仕事をさせていただいております

    時には会員さんにも助けていただきながら・・・

    そんな優しい会員さんはきっと日ごろから困っている人を助けたり、周りに対して優しい心遣いで接していらっしゃるのだと思います!

    "情けは人のためならず" 

    余談ですが「情けは人のためならず」を誤用している方もいるようです

    平成22年度の「国語に関する世論調査」結果
    人に情けを掛けておくと,巡り巡って結局は自分のためになる・・・・・・・・・・・ 45.8%
    人に情けを掛けて助けてやることは,結局はその人のためにならない・・・・・ 45.7%


    人のためにならない・・・でなく、自分のためになるということですね。

    めぐりめぐって・・・きっと素敵なことが起きるはず・・・ハート

    人気ブログランキングへ
    ↑いつもありがとうございます
    応援クリックよろしくお願いいたしますm(__)m

    お問い合わせ・ご相談(無料)
    結婚相談所 エーティ・ベル


    人には添うてみよ

    0
      随分前にもブログで書きましたが、

      人には添うてみよ、馬には乗ってみよ

      ということわざがあります。

      人とは、付き合ってみなければ、その人のことは分からないもので、
      外見だけで、その人(馬)のことを判断しては、いけないというたとえ


      解説
      人とは、生活を一緒にしたり、仕事をしたりして、始めて、相手の性格や自分との相性などが分かり、 また、馬には、乗ってみないと、その馬の癖や、乗り心地なども分からない、ということ。 どんなことでも、経験してみないと、本当のことは分からないので、 とにかく、やってみろということのようです。


      お見合いですと

      早く判断しなければならないし、先延ばしにすると失礼 というのが念頭にあるのか、
      お会いしたその日にすぐに結論を出してしまう方がいらっしやいますが、

      「生理的に受け付けない・・・むり
      という以外は再度(出来れば二、三度)お会いしてみて、判断しても遅くはないのかな・・・と思います。

      「お断りしたいと思っていますうーん・・・と言ってきた女性と色々話しているうちに、自分が早計に返事をしようとしていることに気が付き、「もうちょっと、お会いしてみようかな・・・します!ひらめき」とかわり、お付き合い続行・・・そしてそのままご結婚された方もいました。

      あれからかれこれ10数年経ちますが、今も夫婦仲良く暮らしていらっしゃる様子。
      毎年送ってくださる年賀状で幸せな様子がうかがえます年賀状

      人には添うてみよ 馬 ですね!

      私の励みになるだけですがよろしかったら

      ↑クリック下さいませ!
      もしかすると良いことが起きるかもきらきら

      | 1/1PAGES |