HOME 成婚者の声 入会・料金の案内 よくある質問 お問合せ ブログ ご入会はこちら

6月の花嫁、ジュノは強かった!?

0


    6月といえば、ジューンブライド(June Bride)あじさい

    ジューンブライドとは、6月の花嫁、6月の結婚のことで、
    ヨーロッパでは古くから 6月に結婚すると生涯幸せな結婚生活ができる と言う言い伝えがあります。

    由来は諸説あるようで、

    気候・季節説
    ヨーロッパの6月は1年の中で最も雨が少ない月で、気候なども適しています。また、「復活祭」が行われる月でもあるため、ヨーロッパ全体がお祝いムードとなるので、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになるだろう、という言い伝えです。

    結婚解禁説
    農作業の妨げとなることから、ヨーロッパでは3月、4月、5月の3ヶ月間は結婚が禁じられていました。そのため、結婚が解禁となる6月に結婚式を挙げるカップルが多く、その分祝福も多かったため、多くの人から祝福される6月の花嫁は幸せになれるだろう、という言い伝えです。

    女神「JUNO」説

    6月の月名である「JUNE」と、ローマ神話で結婚をつかさどる女神である「JUNO」に由来しており、6月は結婚や女性の権利を守護する「JUNO」の月。この月に結婚する花嫁はきっと幸せになるだろう、という言い伝えです。

    なのですが、この「JUNO」説、
    夫であるゼウスには数々の浮気エピソードがあるようです顔

    なぜ、ゼウスが浮気?
    雷と嵐と正義の神、ゼウス。とにかくギリシャ神話はゼウスの浮気エピソードに満ちていて、そんな浮気男のゼウスを、なぜ古代ギリシャ人は最高神として崇拝しているのか。じつはこれ、原因と結果が逆なんだとか。ゼウスは偉大な最高神なので、各都市の人間がそれぞれ「俺たちの先祖はゼウス神だぜ!」と主張しているため、結果的に浮気神話が量産されているということのようで、
    ゼウスが最低な浮気男に見えるのは「最高神である彼の血が欲しい」という人間側の都合だった
    ・・・という話のようです。

    そしてゼウスの妻の存在も気になるところ。結婚の女神でもあるヘラは、ローマ字の「ユノ(ジュノ)」がジューン・ブライドにも由来しているほどで、ゼウスの浮気に嫉妬しているイメージが強いかもしれませんが、元々はゼウスよりも強大な神格で、古代ギリシャの古い神殿では、ヘラのほうが上に祀られているようです。
    そんな彼女は、全宇宙を巻き込むほどのゼウスとの夫婦ゲンカや、夫の愛人たちへの嫉妬神話の数々が有名で、ゼウスが手を出した女性には容赦なかったとか。ただ忘れてはならないのが最高神ゼウスに屈せず、対等に渡り合えた女神は、ヘラだけだった・・・ということのようです。

    婚姻と母性、貞節の女神ヘラは、ゼウスの正妻でありながら姉でもあったという彼女は強かったんですね顔

    うーん、神話については全く詳しくないのでなんとも言えないのですが、結果としてはヘラ(ジュノ)とゼウスは良い夫婦だったと思いたいところです。

    そんな神話はさておき(随分語りましたが(^^ゞ)、ヨーロッパでは気候のいい6月でも、日本では梅雨真っ只中。
    まだジューンブライドという言葉が知られていなかった頃、全国のホテルでも梅雨時期である6月の挙式を避けるカップルが多く、式場はどこも閑散としていたようです。

    そこで、困ったホテルや式場関係者が考えたのが、
    ヨーロッパの言い伝えのある「ジューンブライド」です。「6月の花嫁は幸せになれる」と宣伝をし始め、普及していった。
    つまり「企業戦略」なんですね。

    となりますと、ようは6月でも何月でも良いのではないかという話になってしまいます(^^ゞ

    当たり前ですが、幸せな結婚に月は関係ないと言うことです

    ちなみに今月ご成婚のカップルの一組(他二組いらっしゃいます。)は来月結婚される予定です!

    結婚は、何月に結婚するかより、二人の気持ちや状況がある程度整った上で、勢いとタイミングではないでしょうか顔

    ラインラインライン

    パソコンご来店のご予約が簡単になりました。

    どうぞご利用くださいませ顔

    *メール、電話からも今まで通りお受けしております。

    お待ちしておりますきらきら


    ↑よろしかったらクリック下さいませ!
    もしかすると素敵なことが起きるかもキラキラ
    お見合いのことならお任せください!★ご相談(無料)
    結婚相談所 エーティ・ベル

    電話0985-20-2101

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック